HOME>板橋のおでかけスポット>板橋のおでかけスポット

桜並木のライトアップやステージショーも

板橋区では春になるとさまざまな場所で沢山のイベントが催されます。その中でもおすすめは、3月下旬から4月上旬にかけて開催される「なかいたさくら祭り」です。通称「なかいた」と言われる「中板橋」は池袋から東武東上線で7分ほどの距離に位置しています。その地元商店街が主催するのが「なかいたさくら祭り」です。この商店街の近くには、北区の王子から板橋、練馬の石神井などを流下する「石神井川」があります。川に沿って緑歩道が整備されていますので新緑の季節には緑のトンネル、そして桜の季節には満開の桜が咲き乱れ、まるで日常とは別世界のような絢爛たる美しさを誇ります。満開の季節になると近隣の住民だけではなく、遠くからも見物の方が訪れるなど、都内でも人気の高い桜の名所です。さくら祭りでは、石神井川にかかる橋と橋の間がLEDを使用した光でライトアップされ、美しい桜並木がいっせいに夜の闇の中で浮かび上がります。桜の色はデリケートなため、ライトの色によっては本来の色が損なわれることもあるのですが、自然の色を表現できるよう工夫がこらされています。また、お祭り期間には地元商店街が行うイベントが数多く開催されます。お祭りならではの屋台が多く出店するのはもちろんのこと、全国各地からの物産展なども行われていて実演販売もあります。「なかいた劇場」という劇場ではステージショーや音楽ライブなども催され、毎年活況あるイベントです。

What’s New